旅のグルメ

シンガポール老舗のチキンライス体験記+間違いなく美味しいお店3つ

シンガポールのローカルフードとして、もうすっかりお馴染みのチキンライス(Chicekn Rice:海南鶏飯)。

シンガポールの地元の人は、必ずお気に入りが一軒あると言われるほど、シンガポールのソウルフードです。

今回はそのチキンライスを、シンガポールの老舗で食べてきた体験・旅行記です。

シンガポールの絶品グルメ火鍋体験!現地でオススメの4つシンガポールといえば、以前も紹介しましたが多民族国家。 それだけ多くの食文化があるそうで、アジアを代表するグルメ天国のひとつ。 ...

シンガポールのチキンライスとは?

きっと日本人なら、チキンライスと聞いて、「オムライスの鶏肉と野菜をケチャップで炒めたご飯」が頭をよぎる人は多いはず。

私もその1人でした。

シンガポールのチキンライスとは、中国の下の南シナ海に浮かぶ島、ハイナン島(海南島)からの移住者が広めたと言われています。

ゆでた鶏肉と、その茹でた出汁でたいたお米を合わせる料理で、ご飯にチキンの旨味が染み込んで、風味豊かなのが特徴です。

とてもシンプルな料理ですが、併せてついてくるダークソイソース(黒醤油)、生姜ソース、チリソースなどをかけて食べることで、さらに旨味が倍増するお料理。

味を見ながら、自分好みでソースを併せて食べていきます。タイ料理に、”カオマンガイ”という料理があるのですが、それにとてもよく似ています。

タイ旅行に行かれた方なら、食べたことがある方も多いはず。

 

チキンライス四天王「ロイキーチキンライス(Loy kee Best Chicken Rice:黎記海南鶏飯)」

シンガポールには「チキンライス四天王」と呼ばれる、名店4つがあり、それが

「チャターボックス(Chatterbox)」
「ブートンキー(Boon Tong kee Balestier:文東記)」
「ファイブスター(Five Star Hainanese Chicken Rice:五星海南)」
「ロイキーチキンライス(Loy kee Best Chicken Rice:黎記海南鶏飯)」

の4つ。

その中から、今回は、「ロイキーチキンライス(Loy kee Best Chicken Rice:黎記海南鶏飯)」へ行きました。

 

チキンライス一筋

シンガポールの下町エリア、バレスティア(Balestier)にあり、いつも地元の人たちで賑わっています。

創業は、1953年から。50年以上もチキンライス一筋に味を守ってきた老舗です。チキンライスだけで本当にすごい。

こちらでは、スチーム、ロースト、ソイソースの3種類のチキンから選ぶことができます。私達は、ローストとソイソースをそれぞれ選びました。

 

チキンのダシがしっかりしみ込んだご飯が絶品

このお店の特徴は、ご飯が絶品なこと。

チキンのダシがしっかりとしみ込んでいて、ご飯だけでも食べ進めてしまえるくらい美味しい!

ローストのチキンライスも、身がふっくら。焼いているためか、とてもあっさりしていて、どんどん食べることができます。

もちろんソイソースも絶品。

こちらは、一度蒸してから味付けをしているのか、鶏肉がスッと口の中でほぐれて行きます。鶏肉も嫌な臭みもなく、とてもしっとりとしていて美味しい。

セットでついてきたチンゲン菜の炒め物を箸休めにしつつ、とても最後まで美味しく食べることができました。

こんなシンプルな料理なのに、見た目から想像した以上に、何倍もおいしかったです。
さすが、老舗。

 

アクセス、料金など

MRTで行く場合は、最寄はブーン・ケン駅(Boon Keng)かファーラーパーク駅(Farrer Park)ですが、どちらからも歩いて20分ほどかかるので、タクシーで行った方が分かりやすいかもしれません。

タクシーだと、中心部のオーチャードからでも10分ほどです。

近くには、これまたチキンライス四天王のブートンキー(Boon Tong kee Balestier:文東記)や、バクテー発祥のお店ファウンダーバクテー(Founder Bak Kut Teh Restaurant:発起人肉骨茶餐室)などがあり、シンガポールのローカルフード激戦区です。

チキンライスのお値段はだいたい、1人S$15程度でした。

 

まだまだある!絶対美味しいシンガポールのチキンライスのお店

 

ブートンキーバレスティア店(Boon Tong kee Balestier:文東記)

https://boontongkee.com.sg/our-outlets/

先ほどから、チキンライス四天王として、たびたび名前の出るこのお店。

シンガポールでは、おそらく一番有名なチキンライスのお店です。

1979年に、チャイナタウンにあった小さな屋台から始まったお店。シンガポール内に、8店舗あります。

その中でも、特に美味しいと言われているのが「バレスティア本店(Balestier)」。市街地に近い場所にあります。

こちらのおすすめが「Signiture Boiled Chicken」。蒸し茹でのチキンです。チキンは、プリプリです。

ここでは、チキンとライスをそれぞれに注文するスタイル。ライスの注文忘れに注意です。ここもまた、ライスがとてもおすすめ。

バレスティア店は、市街地に近いとは言っても、やっぱり駅からはどれも遠いので、タクシーがバスですが、タクシーの方が迷わず無難です。

営業時間は、深夜4時までとパワフルに営業
お値段は、だいたい1人S$10ほど。

 

ウィーナムキー(Wee Nam Kee:威南記)

http://weenamkee.jp/ourshops/

正式名称は「Wee Nam Kee Hainanese Checken Rice(威南記海南鶏飯)」といい、1989年に創業したお店です。

地元の人たちには、ウィーナムキーとして親しまれています。

当初は、家族で営業する小さなお店だったようですが、現在はシンガポールに4店舗、日本に3店舗あります。

日本の田町にある日本本店は、休日などは行列ができるほど。

シンガポールでは、ユナイテッドスクエア店が、本店として有名ですが、旅行者には、マリーナスクエア店もアクセスが良くて人気のようです。

ユナイテッドスクエア店は、お昼過ぎにはオフィスビルのサラリーマン達で長蛇の列ができています。

こちらもロースト、スチーム、ソイソースの3つから選ぶことができます。常連さんは、スチームのファンが多いそう。

チキンライス単品ではS$4.8で、スープとライスがつき、とてもお手頃。しかし、飲み物はお水も有料なので要注意。

ユナイテッドスクエアは、MRTで行くならノベナ駅(Novena)が最寄です。ショッピングモールなので、とてもアクセスが良いです。

マリーナスクエアはマリーナベイサンズがあるベイエリアの対岸なので、こちらもアクセス良しです。

現地のお店はFacebookに公式ページがあります。

 

ティエンティエンチキンライス(Taian Taian Chicken Rice:天天海南鶏飯)

こちらは、チャイナタウンにあるマックスウェルフードセンター内のホーカー(屋台街)あるお店。

2016年のミシュランガイドで紹介され、一気に注目されるお店になりました。

ホーカーで美味しいお店を見つけるポイントとして、行列ができているお店に並ぶこと。多少並んでも、間違いなく安くて美味しい物を食べることができます。

しかし、このお店の行列はいつも群を抜いて長い列ができています。ホーカーは、とても回転が早いので、多少待っても皆並んでいます。

お値段は、中サイズでなんとS$5。日本円で380円ほど。驚きのコスパ。

この値段で、ミシュラングルメを食べることができるのも、シンガポールの魅力。

男性の方なら「大」でも美味しく食べることができると思います。

いつも11時頃からオープンし、チキンがなくなり次第終了です。

こちらのお店は、チャンギ国際空港近くにも支店があります。MRTの最寄は、タナ・メラ駅(Tanah Merah)。

駅から15分ほどと、少し不便な場所なので、行かれる際はタクシーがオススメです。

Facebookに公式ページがあるので、興味ある方は見てみてください。

 

シンガポール老舗の絶品チキンライス体験記まとめ

シンガポールの国民食チキンライス。

高いところから、お手軽に食べることができるホーカーまで、本当にたくさんのお店があります。

現地の人が、必ず一軒お気に入りがあるというのも納得。

前回の火鍋の記事でも書きましたが、本当にシンガポールは美味しいものがたくさんあるグルメ天国だと思います。

日本に進出しているお店もあるので、日本でも食べることができますが、やっぱり現地で食べた方が美味しい。

とっても気軽に食べることができる、シンガポールのソウルフードなので、ぜひ行かれた際は、地元の方に混じって、旅の気分を味わいながら食べてみてください。

ABOUT ME
hitujico/ひつじこ
東京都内に住んでいます。 好きなこと・興味関心は、街歩き、旅行、本を読むこと、料理、美術館巡り、喫茶店巡り、文房具など。