旅行記

マカプウビーチでハワイの大自然を感じるバスの旅

ハワイ旅行3日目。今日は、ハワイに到着してようやくフリーの1日。のんびりと観光します。今回は、ワイキキを離れて少し遠出をしました。

ハワイ旅行3日目の観光プラン

AM バスでマカプウビーチへ
PM カハラモールでお買い物

マカプウまでは、バスで移動します。マカプウまで向かうバスのルートに、カハラモールもあるので、帰りにお買い物の予定です。さぁ、ハワイのバスの旅、スタート!

 

ハワイ旅行3日目プラン1.マカプウビーチの前に朝食

「Dukes Lane Market & Eatery」という、フードコートで軽い朝食を食べました。

モアナサーフライダーホテルの真ん前のお店で、ABCストアがプロデュースする、地産地消がコンセプトのフードコートです。

ベーカリー、リカーショップ、レストラン、ABCストアが入ってます。パンもコーヒーもとてもお手頃で美味しかったです。

ポキやピザなどの軽食のテイクアウトもできるみたいです。いろいろなものから選べて、軽く済ませたい時にはおすすめです。

比較的空いてるので、ゆったりできます。連日の、ボリュームのある食事続きだったので、少しほっとしました。旅行中に、こういう気軽な場所があると助かります。

3日目の朝食はここ!!
Dukes Lane Market & Eatery

 

 

ハワイ旅行3日目プラン2.いざ、マカプウビーチへ!

マカプウビーチは、ワイキキ からだと車で約30分ほどの場所です。ワイマナロというエリアにあります。

閑静なエリアの穴場で、ハワイが好きな人たちの間では人気のスポットです。では、どんな場所かご紹介!!

 

マカプウビーチ概要

マカプウビーチは、ワイキキ の東側約24キロにあるマカプウ岬の麓にあるビーチ。

車で行くと、ハナウマ湾を望む海岸線のルートを走る事ができます。(今回私たちは、バスを使ったので海岸線は走ってません…)このエリアは、牧場や海洋研究施設があり、ハワイらしい大自然が広がる地域です。

マカプウ岬では、トラッキングも可能で、30分ほどの舗装されたトレッキングコースもあります。

オワフ島東端のこの岬からの展望は素晴らしく、オワフ島の東側のエリアでは人気の絶景スポット。2つビューポイントがあり、一番人気があるのは、マカプウライトハウストレイルという片道約40分のトレッキング・コースの頂上からの景色。
もう一つは、カラニアナオレ・ハイウェイ沿いのマカプウ展望台からの景色です。

マカプウライトハウストレイルは、舗装された緩やかな斜面を登るトレッキングルート。

マカプウ岬への入口にある駐車場から、マカプウヘッドの頂上の展望台までは整備されているので小学生くらいのお子さんが一緒でも大丈夫です。

ただし、かげとなる場所も売店やトイレもないので、飲み物などを持参したほうがいいです。また、風が強い場所なので、帽子などは飛ばされないように注意したほうが良さそうです。

トレッキングの途中から見晴らしの良い所に出て、海を眺めながら歩くことができます。天気が良く視界が良好であれば、モロカイ島が遠くに見えます。

また、冬場に限られますが、運が良ければクジラを見る事ができるそうです。それは感動もの。頂上付近まで登れば、下の方にに赤い屋根の灯台(ライトハウス)が見えます。それが、オアフ島の最東端の灯台です。

入口の駐車場に車を停めて海の方をみると、とても特徴的で個性のある岩があり、それがパワースポットで有名な“ペレの椅子”と呼ばれる岩です。ハワイの島々は女性の神様ペレが作ったいうハワイの神話があり、ペレがオアフ島を作った後に休んだ椅子が、この“ペレの椅子”と言われているのです。

ペレの椅子はとても強いパワーがあり、金運や仕事運に幸運をもたらす信じられています。ただし、ペレは嫉妬深い事で有名な女神なので、恋愛や結婚の祈願は禁止です。

マカプウ展望台はカラニアナオレ・ハイウェイ沿いにある展望台です。駐車場からすぐの所に展望台があります。

ここからは先ほどのどレッキングルートよりも北側の東の方の海岸の海岸線を見る事ができます。マカプウ・ビーチパーク、マナナ島(通称:ラビット・アイランド)とカオヒカイプ島(通称:タートル・アイランド)などを見渡すことができるそうです。マカプウ・ビーチの向こうにはシーライフパークが見える世ですが、私たちが行った時はあいにくのくもりで全くみることはできませんでした。

マカプウビーチは、ビーチパークなので、トイレやシャワーの設備はありますが、風が強く波が高い時も多く、強い離岸流が存在するので泳ぐの際は注意が必要だそうです。

ボディーボードとボディーサーフィンのポイントで有名です。サーフィンは朝9時〜夕方5時半までは禁止されているそうです。

マカプウ ビーチの沖には、晴れていたら、マナナ島(ラビット・アイランド)とカオヒカイプ島(タートル・アイランド)を見ることができるそう。

マナナ島は、形がウサギに見えるのでラビット・アイランドの別名があります。マナナ島は海鳥の保護区になっています。

平らな島はカオヒカイプ島で、たくさんのウミガメ(ホヌ)が島で甲羅干しをするのでタートル・アイランドと呼ばれています。

 

マカプウビーチまでの交通手段

ワイキキ中心部から離れているので、レンタカーが一番簡単な方法です。タクシーという方法もありますが、あまり車通りを多くない場所なので行く時は大丈夫だと思いますが、帰りはおすすめではありません。

今回私たちは、バスを使いました。ワイキキ中心部からバスでも1本で行くことができます。バスは、最終の時間が結構早いので事前に確認してください。

 

バスのチケット購入

バスのチケットはワイキキのABCストアで購入することができました。ワンデーパス$5.5でした。

また、バスに乗る際に運転手さんから購入することも可能です。以前、交通手段についてはまとめてあるので、こちらもあわせて確認してみてください。

ハワイ旅行レンタカー以外の格安移動手段!Uber・トロリー・バスハワイ・ホノルルは、旅しやすさで人気の旅行先。しかし、オワフ島にはノースショアを始め、まだまだ魅力的な観光地が沢山あります。 しか...

 

マカプウまでの道のり

ワイキキのロイヤルハワイアンセンター前からバスに乗って、約40分ほどでした。行きは、Route23 Hawaii Kai – Sea Life Park に乗りました。

ワイキキの海沿いを走り、ハワイの閑静な住宅街を抜けて行きます。途中、乗り降りする地元の人たちや、住宅街の街並みからハワイの暮らしを垣間見ることもができます。ローカルな旅で、その道のりもワクワクします。

 

ハワイ旅行3日目プラン3.マカプウビーチ到着!!

終着点のSea Life Parkで降りました。降りて、すぐ目の前がビーチでした!

 

静かなビーチ、マカプウビーチ

ワイキキから一変。人がまばらな静かなビーチでした。あいにく天気が曇りだったのですが、それでも豊かな自然あふれる絶景でした。

オワフ島が火山が隆起してできた島なんだと感じることができる、ごつごつとした岩と白い砂浜。

地元の人らしき方が1人、ビーチベッドで本を読んでいました。ハワイって、ワイキキ周辺のイメージがありますが、こういう豊かな自然のある場所なんだなぁと実感しました。魂が洗われるパワースポットと言われるのも納得。

周辺を散歩してのんびりと過ごしました。とてもリラックスした時間が流れる、神秘的な場所でした。ワイキキ周辺とはまた違ったハワイを楽しむことができました。
もし、次回来ることがあれば、岬のトレッキングもしてみたいです。

マカプウポイントと呼ばれる岬から、このビーチのエリア辺りはとても自然が豊かなエリアで天候も変わりやすいみたいなので、もし訪れる際は事前にチェックしておいたほうが良さそうです。

 

近くのゴルフ場のレストランでランチ

そんな静かなエリアなので、周りにはほとんど商業施設がありません。私たちは、近くのゴルフ場のレストランに入り、そこでランチを食べました。

しかし、そのレストランがすごくおいしかった!値段もお手頃で、人も少なく穴場でした。ゴルフ場も、人が少なく、ゆったりと過ごしていました。
時間の流れが、とても穏やかでした。

 

ハワイ旅行3日目プラン4.マカプウビーチからカハラモールへ

食事を終えて、来たルートを戻りつつカハラモールへ寄ることに。
NYでもお世話になったアメリカのオーガニックフードを扱うローカルスーパー、ホールフーズマーケットでお土産の調達へ向かいます。

帰り道は、ゴルフ場の前にバス停があり、そこから乗りました。ほぼ、同じルートのバスなのですが、帰りはRoute 22 Beach Busに乗りました。

 

カハラモール

高級住宅街、カハラにあるショッピングモールです。アラモアナセンターよりは小規模ですが、館内にはじゅうたんが敷き詰められ、落ち着いた雰囲気が漂っています。それほど混雑もしておらず、地元の人も多く利用しています。アラモアナセンターよりも、落ち着いた雰囲気のショッピングモールです。

カハラモール日本語サイト
カハラモールで買い物をセレブ気分で楽しむ

 

ホールフーズマーケット

コーヒーや蜂蜜を物色。コスパの良いコスメなども人気の様です。
あと、アメリカといばナパのワインも有名ですが、ワインの品ぞろえも素晴らしかったです。

オーガニックの食料品以外にも、ボディケア用品も充実しています。ジョンマスターオーガニックのアイテムなどが割安購入できます。エコバックなども人気です。ここは、有名人の目撃情報もちらほらある様です。

ハワイのオリジナルのアパレルブランド

おしゃれで上品なセレクトがそろっているので、ハワイでお買い物を楽しみたい方はぜひおすすめです。

ワイキキとは少し違った雰囲気でお買い物を楽しむことができます。バタフライズやオヘロ・ロードなどが人気です。

シンカー・トイズ

大人も遊べる楽しいおもちゃがそろっています。マーベル作品が好きな人にはたまらない場所かもしれません。

 

ワイキキからカハラモールに行くには

バスでも、ワイキキトロリーでも行くことができます。ワイキキトロリーなら、グリーンラインバスなら、Route22〜23であれば行くことができます。どの方法でも、約15分前後で行くことができるようです。

 

ハワイ旅行3日目プラン5.カハラモールからワイキキへ戻って最後のディナー!!

いよいよハワイの夜も最後です。ワイキキに戻ってから、まだロコモコを食べていない(!)という事実に気付きました。夜は、ロコモコ一択です。

 

夜は「Cheeseburger Beachwalk」へ

ロコモコを求めて、ワイキキのロイヤルハワイアンセンターの近くにある「Cheeseburger Beachwalk」へ。

ロコモコとハワイの地ビールというハワイアンな夕食を堪能しました。ボリューム満点のロコモコはとってもおいしかったです。

ハワイでも、いろいろと食事を楽しみましたが、この日の食事が一番ハワイらしく、印象に残りました。店員さんがエンドレスでビールをおすすめしてくれます(笑)テラスで、海風に吹かれながら飲むビールは最高でした。

3日目のディナー、ロコモコはここ!!
Cheeseburger Beachwalk

 

 

地元薬局「Longs Drugs」が楽しすぎた!

ほろ酔いのご機嫌なテンションで、向かったのが、レストランから近くの「Longs Drugs」。

お土産や日用品が、ABCストアよりも割安で購入できます。

中も広く、1階には主に飲食類、2階には雑貨や日用品が置いてありました。バラマキ用のお土産であれば、ワイキキ周辺ではここが一番安いと思います。私たちも、自分たち用の日用品を購入し、この日はホテルでやすみました。

 

ハワイ旅行3泊4日(プラン3日目)まとめ

ハワイに来て、3日目にして観光らしい観光をしました。ハワイは、ワイキキ周辺でも十分事足りるのですが、少し足を伸ばしてみると、また違った雰囲気を味わうことができます。

次回は、今人気のノースショアも行ってみたいです。やっぱり、ハワイいい場所ですね。歳をとってリタイアしたら、こんな場所でのんびり暮らして、本を読みながら毎日を過ごしたいです。

 

今回のおすすめの旅の本

『カイマナヒラの家 (集英社文庫)』 池澤夏樹

サーフィンに魅せられ、ハワイに通ううちに、カイマナヒラ(ハワイ語でダイヤモンドヘッド)の麓に建てられた家に滞在するようになる“ぼく”と、彼のまわりで起こる出来事を描いた物語。

その家に集まる人たちが醸す空気がとてもリラックスしていて、どこか夢物語のような雰囲気で話が進みます。

がむしゃらに働かず、自然の中に身を置き、動じない心。まったりとした時間と、あたたかい空気と風が吹き込みそうな本です。 ハワイの自然を写し出した美しい写真もステキです。

エッグベネディクトを食べて帰国!ハワイ旅行3泊4日の総まとめハワイもいよいよ最終日です。フライトは、13:40発のJAL789便。今日は、朝食を食べたらパッキングをしてほぼ移動です。朝食の様子と今...
ABOUT ME
hitujico/ひつじこ
hitujico/ひつじこ
九州の片田舎出身で、現在は東京都内に住んでいます。 好きなこと・興味関心は、旅行、本を読むこと、料理、美術館巡り、喫茶店巡り、文房具など。