旅情報

話題のGoToトラベルについて調べました|最大50%割引?!(GoToキャンペーン)

7月の海の日を含む大型連休にスタートが前倒しされたGo Toキャンペーンのひとつである「Go Toトラベル事業」。

今年の年初には、まさか夏になっても世界中で移動制限がかかっているなんて、想像もできませんでした。

自粛続きのこの数ヶ月間、まさに飛びつきたくなるようなキャンペーンが始まります。

しかし、まだまだ現状は油断できない状況。その現状をふまえつつも、少し気になったので調べてみました。

旅行代金が最大半額になるというウワサは本当?どんな手続きが必要なの?感染症対策って大丈夫?

私が、個人的に気になった点を調べたまとめです。

奄美大島旅行2泊3日でかかった費用を集計してまとめてみました!10月17日から19日まで、2泊3日で奄美大島を旅行しました。 今回の旅行記もすべて終わったので、この旅行プランで費用がいくらくら...

 

GoToトラベル事業(GoToキャンペーン)とは?

引用:観光庁HP

 

ではまず、そもそものGoToキャンペーン事業について。

詳細は、観光庁のホームページの「令和2年第1次補正予算の概要」というちょっと難しい項目で7ページのPDFにまとめられています。

今後もいくつかの「Go To ◯◯」が予定されていますが、その中の1番の目玉が今回の「Go To トラベル」です。

おそらく、夏休みに向けていろんな「Go To ◯◯」事業が動きだすと思われます。
ほほぅ。

 

GoToトラベルの概要とは

概要としては

  • 国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。
  • 支援額のうち、①7割は旅行代金の割引に、②3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。
  • 1人1泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)。
  • 連泊制限や利用回数の制限なし
  • 7月22日(水)から開始。
  • 7月27日(月)以降、旅行業者、予約サイト、旅の直販予約システムなどにより、準備が整った事業者から、割引価格での旅行の販売を実施。

ということらしいです。

事業開始は、22日からなのですが、販売開始は27日からなんです。
そして、ん?半額を支援で、7割が旅行代金???

もぅ、割引の割引って複雑や・・・

 

旅行代金の割引は実質35%

引用:観光庁HP

 

観光庁概要説明によると

例)1泊2万円の場合、全体の補助額は1万、旅行代金からの割引は7000円、3000円がクーポン。
1泊5万円の場合、全体の補助額は上限の2万、旅行代金からの割引は1 万4000円、6000円がクーポン。

ということです。

つまりは、旅行の宿泊費もしくは交通費のから
旅行代金の半額の金額×7割=35%割引
ということです。

そして、旅行先で使える現金に変わるものとして
旅行代金の半額の金額×3割=15%
は、地域共通クーポンとして旅行先で使えるクーポンということのようです。

なので、旅行代金が半額になる!!というのは、旅行に使うと思われるお金の半額を支援してもらえるということ。

旅行代金というと、交通費・宿泊費をついつい想像していしまいますが、ここは要注意。

こちらは、観光庁の事業説明のPDFからお借りした、支援額の一例の説明図です。

ちょっと、半額!?と浮き足立ってしまったので、なんだ・・・感はありますが、割引率で言えば旅行代金のみでも、35%なので、かなり大きな割引なのではないでしょうか。

そして、支援額の上限は2万円まで。なので、4万円までの旅行であれば、クーポンも含めて実質半額です。

京都へ出発!まずは東京駅のグランスタから3月15日から3月18日まで京都へ行ってきました。今回は旅行というか、知り合いに会う目的もあったので旅行気分は半分くらいでスタートしまし...

 

GoToトラベル利用時の注意点について

先ほども書いたように、このキャンペーンがスタートするのは、7月22日(金)(販売は、7月27日)からです。もう、スタート目前です。

 

地域共通クーポン実施は9月1日以降です

引用:観光庁HP

 

え?どういうこと???

そうなんです。私も、早とちりしていて7月から全て実施と思っていたので、半額じゃないやん!と思ったのですが、そうなんです。笑

地域共通クーポンの実施は、9月1日以降で別途お知らせする日です。なので、9月1日以降の地域共通クーポンが実施される日までは、旅行代金割引分の35%のみです。

ご注意ください。

今回のGoToキャンペーンは、8月にスタートだったものをかなり前倒ししてスタートしたので、もしかしたら地域共通クーポンまでは間に合わなかったのかも知れません。

なんだか、現場のバタバタ感が伝わりますよね・・・。

実施は、9月なので、加盟店の説明会が7月13日(月)からスタートしたばかりです。どのくらいの店舗でクーポンの利用ができるかはまだよくわかりません。

しかし、これまた観光庁のホームページPDFよると、以下のことが決まっているようです。

  • 割引額は旅行代金の15%
  • 旅行先の都道府県、近隣県において旅行期間中に限って使用可能(→どうやら電子と紙の媒体がある?)
  • 無料譲渡、売却などは禁止 などなど

 

旅行後に割引分の申請もできますが、まだ具体的には不明

引用:観光庁HP

 

いやいやいや、7月22日ってもう予約しちゃったよ・・・、なんで27日から販売開始なの?という方もいると思いますが、それでも大丈夫!

当初は、キャンペーン開始前のものは対象外としていましたが、7月10日に観光庁から発表された内容では、対象期間の旅行であれば、事前に予約したものでも、旅行後に申請すれば、割引分のお金が戻ってきます。

なので、海の日からの連休で旅行を計画していたのであれば、後日申請して、割引いた分の金額を戻してもうこともできるようです。

では、申請する方法はというと、以下の書類を事務局に郵送、またはオンラインで送って、確認ができ次第戻ってきます。

  • 申請書(様式は事務局のホームページ、宿泊施設で入手可)
  • 領収書(原本)
  • 宿泊証明書(宿泊時に宿泊施設から入手)
  • 個人情報同意書(様式は事務局HP、宿泊施設で入手)

この書類が、事務局で確認された旅行者に、口座振込、またはクレジットカード振込されるようです。

後日申請する場合は、旅行先では、忘れずに宿泊証明書を貰わなければいけませんね。

 

事務局は決定したけれど、具体的にはまだこれから

では、書類の送付先である「事務局」はどこ?

7月10日に観光庁は、公募した事務局の実施事業者について、以下の団体に決まったと発表しています。

観光庁の発表内容を見る感じだと、「共同提案体」というのが事務局として中心になり、「協力団体」がまさに運営に協力するということのようです。

しかし、今現在、ホームページなどを確認してみましたが、申請書類等のページは準備されていないようです。

どのような手続きになり、送付先などがどこになるのかといった情報はまだまだのようです。(2020年7月14日現在)

 

基本的にはパックツアーが対象です

引用:観光庁HP

 

こちらも要注意です。

基本的には、おそらく先ほどの協力団体を通したパックツアーが対象のようです。

個人手配の場合、交通は基本的に割引対象外。
つまり、航空券安くなるじゃないか!!と思っても、個人手配では宿泊費のみが対象になります。

例外として、宿泊に準ずるクルーズや、夜行フェリー寝台列車などはOKのようです。

 

 

1番気になる感染症対策ってどうよ

旅行するのはいいけど、感染症対策はどうするの?大丈夫なの?という不安に対して。

観光庁の事業概要によると、「新しい旅のエチケット」の利用者への周知を実施するとなっています。

 

新しい旅のエチケットとは

引用:観光庁HP

 

6月19日に旅行者視点で、感染防止医の留意点等をまとめたもので、旅行連絡会加入団体などにより、旅行者へ周知を実施するとなっています。

内容としては

新しい旅のエチケット

  • 旅先の状況確認、忘れずに。
  • マスク着け、私も安心、周りも安心。
  • 楽しくも、車内のおしゃべり控えめに。
  • 旅ゆけば、何はともあれ、手洗い・消毒。
  • おしゃべりをほどほどにして、味わうグルメ。
  • 間あけ、ゆったり並べば、気持ちもゆったり。
  • こまめに換気、フレッシュ外気は旅のごちそう。

ということのようです。

また、5月以降、業界団体は感染症専門家の助言を受けながら、業種別のガイドラインを作成したようです。

各エリア、場面ごとにおける留意点や対策などの取り決めがあるようで、主に、宿泊団体やバス会社などが対象のようでうです。

 

 

GoToキャンペーンとりあえずまとめてみました

というわけで、GoToキャンペーンを、現段階でわかっていることを、とりあえずまとめてみました。

「hitujico」では、あまり話題ネタみたいなものは、取りあげてこなかったのですが、旅に関連ということで調べてみました。

 

使い方は人それぞれ

私の個人的な感想は、「ちょっと使いにくいなぁ・・・」と思いました。

これまでのブログでも書いているように、私は1人もしくは多くても2人ほどでしか旅をしていないので、個人手配が中心です。

そして、それほど宿にグレードを求めるよりは、行きたい場所に行き、見たいものを見て、食べたいものを食べるという旅が中心。

なので、個人で交通も宿も予約がほとんどなので、これまでのような旅行だとちょっとなぁ・・・といった感じ。

でも、逆に、団体パックツアーなどで旅行したい!という方は、使いやすいのではないでしょうか。

宿泊に関しても宿泊日数に制限もありません。家族でのんびりパックツアーでお出かけがしたい!という方は、かなりお得だと思います。

 

まだ決まっていないことも多いのでこれから

あと、地域共通クーポンの詳細などもまだまだこれから。どのようなお店で利用できるかも、今の段階ではわかりません。

そして、事務局のアクセス先なども、まだまだ準備中の様子。

もう少ししたら、もっと具体的な情報があるのかも知れません。

あと、やはり気がかりなのが、感染症対策。最終的には、旅行者に任されているのかな・・・という印象でした。

こればかりは、旅行する人たちの意識と責任になるのだと思いました。

また、新しい情報や、変更などもあると思うので、何かあれば、追記したいと思います。

 

追記情報

東京都の直近の現状を踏まえて、新たに修正点などが加えられました。

2020年7月17日

引用:観光庁HP

 

7月17日付で、今回の「Go Toトラベル事業」いわゆるGo Toキャンペーンについて、修正項目が追加されました。

①東京都が目的地となっている旅行については、東京都内の旅行も含めて、当面、Go To トラベル事業の対象外とする。(割引支援を行わない)

②東京都に居住する方の旅行についても、同様に、当面、Go To トラベル事業の対象外とする(割引支援を行わない)。

また、感染症対策として、事業者にも旅行者にしっかりとした注意喚起が行われました。

 

引用:観光庁HP

 

事業者側対しては、

  • 検温と本人確認の実施
  • 3密対策の実施(利用人数、時間の制限など)
  • ビュッフェ方式の食事に対しての提供工夫
  • 大宴会を行う旅行を控えること

などが提案されています。

旅行者に対しても、

  • 「新しい旅エチケット」の実施
  • 団体旅行を控える

などの提案がされています。

私も含めて、東京都内にお住まいの方は、対象外となりました。

近日の感染者数の増加数から考えると、仕方なかったのかもしれませんが少しびっくりしました。

また、感染症対策についても、より詳細にエチケット事項が示されました。

今後は既に予約していたツアーのキャンセル費用などに関しても、検討中とのことです。まだ追加情報がしばらくはありそう。

スタートは、7月22日からなのは変更なしというとこなので、また事業がスタートしてから様々な改定事項がありそうなので、様子を見てから検討してみるのもありかもしれません。

 

2020年7月21日

すでに予約していた、ツアーのキャンセル費用などについて、全額補償を行うことが発表されました。

対象となる予約の時期は、「7月10日〜17日に予約された東京発着の旅行」。

まって!もうキャンセル料払ったんだけど!という場合でも、旅行会社が返金し、国が旅行会社に損失分を補償するということのようです。

具体的な手続きなどは、観光庁のサイトなどでも特に明記されていないので、キャンセル料を払ってしまったという方は、旅行会社に問い合わせてみた方が良いかもしれません。

 

Go To イートもはじまるらしいよ

 

さらに同じ日の7月21日に、次なる「Go To キャンペーン」として、「Go To イート」が8月末あたりにスタートすることも発表されました。

内容としては、各都道府県で使える食事券で、購入額(1度の購入金額は2万円が上限)の25%が上乗せ。

また、オンラインの飲食サイトで予約した場合は、次から使えるポイント(昼食500円、夕食1000円)がつくというもののようです。

 

 

こちらに関しては、まだまだこれから具体的なことが決まってきそうです。

しかし、やはり感染症の状況によって、「Go To トラベル」も二転三転したので、そのほかの「Go To ◯◯」もまだ追記事項がありそうです。

ABOUT ME
hitujico/ひつじこ
東京都内に住んでいます。 好きなこと・興味関心は、街歩き、旅行、本を読むこと、料理、美術館巡り、喫茶店巡り、文房具など。